セキスイハイムのSPSスマートパワーステーションで夢のマイホーム計画中♡

セキスイハイムSPSで夢のマイホーム計画とその日々♡

浪費家妻と優夫の30代共働き夫婦のお家作りと節約弁当、お買い物等の日記

節約って難しい。資産形成のための不動産投資が住宅購入の足枷に?

こんばんは。なぁです。

節約するするとこのブログでも言ってきましたが、節約って難しいですね。


実はGO TOが始まってから北へ南へと趣味の旅行と、グルメで散財してしまってます/(^o^)\
家計簿アプリを見返し、猛省中です。

(GO TOについて賛否両論あると思いますが、それについて書くと長くなるので、敢えて触れません!
医療系の私の一個人の意見としましては飛行機やマイカー移動での旅行に関してはそこまでセンシティブにならなくていいと思います。
しかし温泉での脱衣場・洗い場は少し注意が必要かなと思います。お風呂場ではマスク外しますし、特に女性は髪乾かす時間がかかりますので、大浴場を利用される際はピーク外したり髪は部屋で乾かしたり、部屋のお風呂を利用するといいかと思います

飲食店は正直その店によって違いますので、一概に言えませんが、どういった店にいくにしろ、少人数での会食にしたほうがいいと思います。人数が多くなるとそれだけ大声になり飛沫が飛びがちです。
またお酒が入ったり、うるさい店ですとこちらも大声を出しがちなので、そういった店は個人的に避けたほうがいいと思います。)


とGO TOの話題に言ったりと話にまとまりがないですが、これから『節約』頑張ります!
という決意表明を込めてこの記事を書いております。



また本日は『資産形成』について書かせて頂きます。
f:id:naatantantan:20201026185516p:plain
なんでいきなり『資産形成』というワードが出てきたかと言いますと、実は今さっき仕事携帯に知らない番号から『不動産投資』の勧誘電話がありました。
よくあるんですよねー。
皆さんのところにも不動産投資の電話かかってきませんか?
資産形成の一つとして不動産投資もありますよね。

不動産投資とは、「何らかの不動産物件を購入して第三者に貸し出し、その家賃を利益として受け取る投資方法」のこと。簡単にいえば、「大家になること」です。

不動産投資は主に「ワンルーム投資」と「一棟買い投資」の2種類に分けることができます。

ワンルーム投資
分譲マンションの1室を購入して、貸し出します。1室のみを購入すればよいため、購入代金や維持費などが少なくて済みます。しかしながら、1室分の収益しか得られないので、大きなもうけを得ることは、難しいです。

◎一棟買い投資
集合住宅や戸建て住宅を丸ごと一棟購入して、貸し出します。初期費用はかなり高くなりますが、その分、多くの家賃を得ることができます。

引用:
5分でわかる不動産投資とは?メリット・デメリットとリスク回避方法 | レイビー

不動産投資とは上記のようなものがあり、サラリーマンにかかってくる勧誘電話のほとんどはワンルーム投資ではないかなと思いますので、今回はワンルーム投資についてお話します。特に新築ワンルーム投資。
実は私もどんなものかと思い、一度実際に営業マンに会い話を聞いたことがあるんです。

営業マンから聞いたり、自分で調べたこと、そして銀行員の父・弟から聞いた話を、素人の私が個人的に統合したメリット・デメリットを書きます。
ワンルーム投資の仕組みについては気になる方はグクってください。長くなるのでここでは割愛します。

【メリット】

・節税対策になる?
→「減価償却費」や「借入金利息」など経費に計上できる費用が多く、購入当初は節税対策になりますが、10年くらいで節税効果が薄くなります。(私の紹介された物件・金利でシュミレーションした場合)節税目的だけで投資するのは危険です。
・生命保険代わりにもなる
・年金の代わりにもなる
相続税対策になる?
→そもそも相続税課税対象外な方が多いかもです…。


【デメリット】

・『空室リスク』と『家賃滞納リスク』がある。
→このデメリットを補うためにサブリースがありますが、数年前話題になりましたようにかぼちゃの馬車のようなことがあります。サブリース会社からの家賃収入を当てにし、ローン返済してますと、サブリース会社が潰れたときに大変なことになります。

・不動産価値が低い?
→不動産としての価値ですが、ワンルーム投資用のマンションの販売価格は、それ以外のものと比べて割高なものが多いです。3割程高くなってるとも聞きます。従いまして、売却損が大きくなる可能性が高いです。

金利変動に弱い。
ワンルーム投資においてよく使われるのは不動産投資ローンはアパートローンでして、自分達が住む住居に適応されます住宅ローンとは違います。住宅ローンが0.5%~とかの中、アパートローンはそもそも1.5%~と金利が高いです。住宅ローンでも同じことが言えますが、金利が1%あがるだけで、支払い総額がかなり増えます。長期間に渡りローンを組むということは金利変動リスクが潜んでます。

・利回りが低い
新築ワンルームだとだいたい利回り4%くらいと、投資案件としては利回り低い。



サブリースを使えば少ない元手・少ないキャッシュフローで投資を始められるので、思わず手を出しがちです(私は一瞬いいなと思いました)が、「35年ローンなどで組んで金利変動のリスクが有りながらも長期間に渡って投資する案件なのに、利回りが4%くらいと低いのは如何なものか」、また「ゆくゆくは不動産が手に入るとはいえども、そもそもその不動産の販売価格が割高なこと」を考えると、投資案件としては魅力に感じませんでした。

不動産投資というジャンルの中でしたら、新築ワンルーム投資ではなく、立地の良い中古マンションに投資したほうがいいなと思ったり、現金で出来る範囲での海外不動産投資がいいかなと個人的には思います。
(実際に私は最悪なくなってもいいやって金額を現金で海外不動産投資しています)


こんな素人の個人的な意見をダラダラ長文に渡って書きましたが、実はこの不動産投資で私が危惧する一番のデメリットは『不動産投資ローンを利用中だと、住宅ローンの借入が不利になる可能性がある』ことです。
このブログを見てくださってる方はこれから家を建てようとしている方が多いのかなと思います。
投資だろうがローンはローンですので、マイカーローンやカードローン同様に返済比率計算の年間総返済額に含まれてしまい、住宅ローンの借入可能額が減ったり、ローン審査が厳しくなる可能性が大いにあります。

これから住宅購入の予定のある方にとって、『資産形成』は気になるところだとは思いますが、安易な不動産投資は自分達の夢のマイホーム計画に水を差す可能性があることを知って頂きたくて、今回はこの記事を書きました。

乱文・長文失礼しましたが、誰かしらのお役に立てればと…m(_ _)m


ブログ村に参加してます。ブログ書く活力になりますので、宜しければポチっとお願いします(>_<)
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
にほんブログ村